複合機はレンタルで用意するなどコスト削減を【AO機器を賢く導入】

さまざまなメーカーのトナー

トナーリサイクルのルートはメーカーとそれ以外で品質が違います

プリンター

トナーリサイクルにおいてメーカーのルートを利用するのは簡単です。コピー機を購入したときにそのままメーカー経由でリサイクルトナーの契約もできるようになっているからです。 トナーとして新品は別に必要ないという場合にはこうしたリサイクルトナーで十分ということで利用者も満足します。 問題はそれらのメーカートナーは品質が高いために価格もまだ効果だということです。印刷物によっては長持ちさせる必要性よりもむしろすぐに使い捨てる想定で利用する企業が大多数で、そうしたところはメーカーものは必要ないケースが殆どです。 その場合にはメーカー以外のリサイクルトナーを使うのがベストで、これらの商品はネットを探せば安物のおまとめ注文や定期注文まで受けているので、特に自分の会社の所在地に近い企業をネットで探せば送料含めてかなり低価格にすることができます。

リサイクルトナーはどんな人たちが購入してるのか

トナーを購入するとき、気になるのがその販売価格ですが、トナーの販売価格は安いものだと9000円くらいからであり、高いものであると50000円位するものもあるのです。基本的にトナーは高額であるため、新品で購入するにはかなりの予算が必要になります。 これはあまりお金の使えない新しく会社を立ち上げた人たちにとっては、非常に不便でありコストが掛かるのです。なので、このような企業はリサイクルトナーを購入しています。 リサイクルトナーの販売価格は通常の新品トナーに比べると、90%以上も安い価格で購入できるのです。しかもリサイクルトナーはメーカーの純正品になるので安心感もあります。 このリサイクルトナーという商品はあまりお金に使えない会社にとって、非常に重宝する商品といえるでしょう。